義歯・入れ歯|芦屋の歯医者・歯科|増田歯科医院

tel. 0797-22-5359

義歯・入れ歯
  • HOME
  • 義歯・入れ歯

VALPLAST(バルプラスト)

バルプラストとは、金属を使わない義歯(入れ歯)です。
総義歯(総入れ歯)を除いて、義歯には歯にひっかけるための金属の針金のような物がついています。それにより審美性が著しく低下することがあります。これを解消するために開発されたのが、バルプラストです。
では、どうして金属を使わなくていいのか?
それは材質自体が弾力を有し、その弾力を活かして歯を抱え込むからです。
従来のひっかける感じとはかなり違います。ただし、短所もありますので長所と合わせて羅列してみましょう。

長所

1. 金属を使わないので審美性が良い。
2. 歯を抱え込むので安定が良く、物が詰まりにくい。
3. 破折しないので薄くでき違和感が少ない。
4. 弾力があるので多少なりともなじむ。
5. おもちやガムがくっつきにくい。
6. 従来の保険外の義歯(金属床、コーヌスなど)よりリーズナブルである。

短所

1. おもちやガムがくっつきにくい材質であるため、歯茎が痩せた時などに義歯との隙間を埋められない。
(埋めるものもくっつかないため)そのため、極端な場合は作り直しが必要となります。(ただし、それを見越して費用を低く設定してあります。)
2. 長期間使用していると、くすんだような変色を起こす。
ただし、それに対応して現在では変色しにくい材質を使った「アルティメットデンチャー」が改良型として存在します。

最後に、これらのようなソフトデンチャー(柔らかい入れ歯)は例えるなら、メガネをコンタクトレンズに変えるような、または下駄を皮靴に変えるようなものだと考えています。